【和物百貨舖】型染御守袋
東京
【和物百貨舖】江戶風鈴
東京
【和物百貨舖】信樂燒的小貍貓
滋賀
【和物百貨舖】波佐見燒蕎麥豬口
長崎
【東京貓町散步日和】貓之家
東京
  
最新留言
2019年12月15日 Diodedet
2019年12月15日 vevoip
2019年12月15日 fuctins
2019年12月15日 Sossejiz
2019年12月15日 assitte
2019年12月15日 keessarf
2019年12月15日 prexose
2019年12月15日 uniply
2019年12月15日 chaivy
2019年12月15日 WilfordBette

JRPass日本一周!(第二天) 山形&米沢編


(第二天行程)
鳴子温泉站(AM6:00出發) →瀬見温泉(停留1時間)→新庄站換車(山形新幹線)→
山形站下車(市内見學3小時)→米沢站下車 (市内見學3小時/含「天地人」展示見學) →郡山站 住宿


今天旅行途中吃了米米沢的咖哩拉麵。
今日は旅の途中でこんなものを食べました。米沢のカレーラーメン。


山形的芋頭蕎麥麵也很有名。
山形の芋煮込みそばも名物なのだそうだ。

天剛亮時我從鳴子溫泉出發。搭上往新庄的新一班火車。
まだ明け方の鳴子温泉を出発。始発の新庄行きに乗る。

陸羽東線沿線上,有赤倉、瀨見等温泉區。本來想到處散散步,
但因為陸羽東線車子很少,所以最後只在瀨見溫泉下車閒晃。
ここ陸羽東線沿線には、赤倉、瀬見などの温泉エリアが点在しています。
あちこち散歩したかったので、小刻みに下車してゆくことに。
が、この陸羽東線はあまり本数が少なくて乗換もしにくいので、瀬見温泉のみ散策。

最上游的道路很小,搭乘的大多是高中生。
最上川沿いのまさに「奥の細道」ルートになる。利用客はほとんど高校生。

從瀨見車站徒步5分鐘就能抵達。是個有十幾家旅館的小巧的溫泉鄉。
瀬見駅から徒歩5分。温泉郷は旅館街が10数軒連なるこじんまりした集落だった。




帶有一點昭和初期的風格的喜至樓,
也有治療用湯,住一晚在5000円以内。

昭和初期風のノスタルジックな趣が
存在感をもつ「喜至樓」は湯治場も
兼ねていて、一泊5000円以内。







也有小小的賣酒的店舖。   小さな造り酒屋さんもあった。


從新庄有新幹線經過,所以自此移動很輕鬆。
新庄からは、新幹線に連絡しているので、移動はここから非常に楽になる。 



中途的大石田車站有巴士到銀山溫泉,如果有時間會想去看看。
途中駅、大石田駅からは、銀山温泉行きのバスが出ている。タイミングがあえば行ってみたかった。
 

山形是大城,因此我決定在這裡停留2小時到處逛逛。
在觀光案內所中拿到地圖以及100円循環巴士的資料。
山形は、大きい町ということもあって、2時間ばかり散策することに。
観光案内で地図と100円循環バスの資料をゲット。


因為是縣政府所在地,車站建得十分氣派。我搭乘100円巴士到山形城。
県庁所在地なので、立派な駅舎。100円バスで、山形城まで行って下車することにした。
 
城內有古式的建築,氣氛悠閒。
城内には、レトロな建物もあったりして、のんびりできました。

 

  「芋頭蕎麥麵」料很多,份量十足!
「芋煮込みそば」は具がたくさん入っていてボリュームたっぷり!


搭新幹線再南下30分鐘左右,就抵達米沢。
さらに新幹線で30分ほど南下すると、米沢に到着。


米沢是NHK大河時代劇「天地人」男主角,上杉家和直江兼次最後的土地。
光是因為如此,我就想來看看。米沢的地標是離車站大約15分鐘車程的「上杉神社」。
鄰近有「天地人」的特別展示會,我也順便參觀了。

米沢はNHK大河ドラマ「天地人」の主人公、上杉家と直江兼次が最後に封じられた土地。
それだけに、立ち寄ってみたい場所でした。米沢のランドマークは駅から車で15分ほど離れた
「上杉神社」。その隣に「天地人」の特別展示があったので、のぞいてきました。

米沢的名產,非拉麵和牛肉壽喜燒莫屬!
そして、米沢の名産といえば、ラーメン、牛肉すき焼き!


今天的行程,在米沢時天就黑了。因為想再移動多一點距離,
所以決定南下到小邵,投宿在「東横Inn」。

この日は、米沢で日が暮れました。で、もう少し距離を稼いでいこうと、
小郡まで南下、「東横イン」があるので、投宿を決定。


>>欲購買JAPAN RAIL PASS 日本鐵路周遊券者,請由此進